2017年04月08日

春休み中だから!

こんにちは。

いよいよ4月も始まり、
新年度、新学期 と何かと「新」を耳にすることが多くなりましたね。
私たちも、ようやく初めての1年が過ぎたexclamation×2のですが、まだまだ日々の中では「新」がつくことが多くあせあせ(飛び散る汗)、毎日が新鮮ふらふらです。

そんな中、アルカソニアの学び家に通ってくれているお子さまたちと、茶臼山の恐竜公園に行ってきましたexclamation

まだまだ三寒四温の陽気でもあり、天気が心配でしたが、お子さまのパワーグッド(上向き矢印)のおかげで晴れ、しかも少し暑いあせあせ(飛び散る汗)くらい。

恐竜公園を選んだのは、
・まだまだ元気いっぱい外で遊んで欲しいこと
・恐竜という大きな生き物がいたことを知って、何かに興味をもってもらえれば
・友だちと一緒に遊ぶことでの雰囲気を感じながらの振る舞い等を経験しれてもらえれば
などの理由を考えてはいたのです(一応わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗))

遊び始める前に、「1人でどっかに行かない」というルールだけを決めて、麓から頂上を目指しました。
えーい、裸足になっちゃえ!

すると、行きの車の中では、お子さま二人それぞれが「私の話を聞いて〜exclamation」は状況で、にぎやかわーい(嬉しい顔)でしたが、恐竜公園では、お子さま同士で「次、あっち行こー」等と相談しながら、進んでいくんですね(実際は、駆け上がって次項有なのですがふらふら)

時には、「早く行こーよー」「まだ、コレやりたい」と意見が合わないことがありましたが、最初のルールはキチンと守ってくれるのですひらめき
やっぱり、子ども同士ってスゴイな、どんどん成長できるexclamationと感じた時間でした。
たった数時間の散策?でしたが、いろんな恐竜のカタカナの名前を読み、よじ登ったり、滑ったり、山を登り、下りは一気に走り下りる、そんな時間だったためか、お子さまたちも満足るんるんして頂けたようでした。
いつもは写真が嫌いなんだけどね
すると(?)、帰りの車の中では、お子さま同士で会話し、爆笑わーい(嬉しい顔)し続けていたのですexclamation
(笑うのはいいけど、キチンと呼吸を忘れないでねふらふらと感じるくらい)
行きの車中は、それぞれが「聞いて〜」と相手の声に重ねて話していたのですが・・・

やっぱり子ども同士ってイイexclamationね、と感じたのでした。

posted by スタッフ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記