2018年12月27日

年の瀬

今年も残りわずかですが、皆さんにとってこの1年はどんな年だったでしょうか。

個人的な出来事ですが・・・

今年は、やっと何回も読破にトライし挫けていた『クリスマス・キャロル』ノート2(開)(by ディケンズ)を読み切りました!
古典本って、読んでおいた方がいいことはわかっていても、ついつい敬遠してしまいがちですよね?

が、読んでみると意外に気づかされるひらめき部分があることを発見!

知っているつもりの英単語も実はこんな意味もあるの?とか。

例えば、
『cross』は『横断する』や『十字』だけでなく『不機嫌な』が。
『mean』は『意味する』だけでなく『卑しい』『意地悪な』が。

言葉も人間もその人の一部を見て、知った気になってしまうことがありますよね?

人間は言葉以上に多くの面を持ち合わせているだけに、思い込みは怖いな〜とつくづく感じますふらふら

そして、それを気づかせてくれるひらめきのは毎日接している子供たちわーい(嬉しい顔)

『あれっ、いつのまにかこんなことが出来るようになっているexclamation&question わーい(嬉しい顔)

『あれ、甘えん坊の○○ちゃんがお兄ちゃんしてるexclamation×2』など

嬉しいビックリexclamation&questionを子供たちが運んできてくれて『アルカソニア家は笑顔わーい(嬉しい顔)が絶えません。


この4月から始めた放課後等デイサービス『アルカソニア』も無事ここまで来れました。

支えて下さった皆様に感謝!きらきら
そして、どうぞ来年もまたよろしくお願い致します。

A Happy New Year! 門松


も少し読む
posted by スタッフ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月21日

メリークリスマス♪

こんにちは、アルカソニアのスタッフ宮入です。

久しぶりの投稿で、、、すね。

アルカソニアも春に開所して、もう年の瀬!
その前に、クリスマスですねぴかぴか(新しい)
ChristmasAt1F.png

来てくださっているお子さま方の年齢も幅広いので、
皆さんに受け入れてもらえそうなChristmasクリスマスな感じにしてみたのですが・・・

プレゼントで作ったクリスマスツリークリスマスぴかぴか(新しい)

お子さん達(特に中学生の方々)に作ってもらったラッピング袋に、
ちょっとスペシャルなお菓子を入れて。

どの場所のどの大きさのプレゼントをもらうかexclamation&questionも、一緒にいるお子さん達の声を聴きながら、
自分の立場を考えながら、選んで頂く。小さなお子さんは、大きいお子さんの姿を見て。

お子さま達には、少し大変だったかもしれませんが、
同年代の方と付き合う時には必要なこと、とも考えているので、
袋の位置や大きさが、必ずしも自分の欲しいものではないこと等も感じてもらえていると、尚、うれしいわーい(嬉しい顔)限りです。

クリスマスに合わせて、
土曜日の活動で、2グループに分かれてお菓子バースデー作り。
そして、もう一つのグループにプレゼントプレゼント

ChristmasAt2F-1.png


アルカソニアは、狭い建物家ですが、1階と2階を行ったり来たり。
普段はあまり交流がないお子さま方も、この時ばかりは、
設備の関係で一緒の(しかも狭いふらふら)場所で、同じ活動を。。。






慣れない環境なので、その瞬間は大変そうではありますが、ChristmasAt2F.png
きっと、どこかで望まれていたんでないかな?
言い訳ができながらも、違った環境に入ってみること。(これは独りよがりですがふらふら)

終ったあと、その状況が辛かった、という発言もこれまでのように聞くこともなくexclamation

そのうち、言い訳も必要なく交流ができるとイイな、と来年への抱負としながら。



できあがったバースデーたちでするんるん


P.S.
私達、大人でも新しい環境に入るとき、緊張もしますし、言い訳があると入りやすいってこと、ありませんか?わーい(嬉しい顔)

posted by スタッフ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記