2020年10月31日

ハロウィンでモノ作りの目的を変えちゃうと…

こんにちは、放課後等デイサービス事業所 アルカソニアのスタッフ西村です。

10月のイベントといえば、モバQハロウィン三日月ですよねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

アルカソニアでは毎年、ハロウィンパーティイベントを行うのですが、今年は白玉を使った『“がく〜(落胆した顔)キモカワ黒ハート”(気持ち悪くてかわいい)お菓子作り』をしましたかわいい




食紅で色を付けながら、真剣な表情で取り組んで行くお子さま達ぴかぴか(新しい)





スタッフもビックリするほどの“キモカワ”な作品が、どんどん仕上がっていきますがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)揺れるハート揺れるハート




ではでは、仕上がった作品達をご覧くださいませわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
































震えあがるほどの“がく〜(落胆した顔)キモカワ黒ハート”具合いですが、もちろん、美味しく出来上がっていますのでご安心をわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


お子さま達の発想力には驚きですが、どのお子さまも指先や掌を使いこなしながら、形作っていく様子にはこちらも感心させられましたわーい(嬉しい顔)ひらめきひらめき

また、この時ばかりは、『キレイ』や『上手に』作ることが目的ではなくexclamation『気持ち悪いがく〜(落胆した顔)モノ』を目的ひらめきにすることで、普段の工作では中々、披露できない【独創性(?)】を発揮することができたのかな?

お子さま達の暗黙の呪縛ー(長音記号2)も解放されたのか、事前に紙に書いておいたデザイン画そっちのけで、どんどんアイデアが出てきてひらめき楽しんで(ふざけながら?)わーい(嬉しい顔)『キモカワ』のテーマに沿って作っていたように思います。

それに、工作等が得意ではないお子さまにとっても、「(上手じゃなくても)いいんだexclamation」は、作る時のハードルをグッと下げてバッド(下向き矢印)くれますよねるんるん


『自由』な作品もイイのですが、みんなでやる(ある程度のルールの中での自由)で一体感を感じて欲しいこともあったので、他者の作品(?)も見ながら、「うわぁ〜がく〜(落胆した顔)」と声を出して。評価するのも、されるのも面白かったようですね。


白玉を使った料理はご家族の皆様で楽しんでいただける調理だと思いますので、ぜひご家庭でも挑戦していただけたらと思いますわーい(嬉しい顔)るんるん


ただ…

片付けが大変exclamation×2になるかと思います


ビニールシート等を敷いた上で作ると食紅の落下や白玉の細々したお米粒の様な落とし物も、床の汚れはビニールーシートを洗い流すだけで簡単でしたよるんるん

事前に、予防策を徹底しておくことをオススメいたしますわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

posted by スタッフ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188076098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック